MENU

ブログ

Blog

歯の生え変わり

歯の抜ける順番や時期は大体決まっています。

ただ個人差もありますので、生える順番がちがったり、多少時期がずれたりしても細かく気にする必要はありません。

6歳ごろになると下の前歯(乳歯)が抜け、一番奥に6歳臼歯(永久歯)が生えてきます。

そして上の前歯(乳歯)が抜け前から順に奥へと抜けていきます。

だいたい12歳~14歳ごろにすべての歯が永久歯に生え変わります。

生え変わりの時期にきをつけたいことは

歯磨き、フロス、フッ素塗布などで虫歯予防をしましょう。

 生えかけの歯は未完成で柔らかく虫歯になりやすいです。

定期健診で乳歯の治療・歯並びのチェックもしてもらいましょう。

 すべて生え変わったあとでは、歯を抜かず顎を広げて治療する矯正治療。

 『床矯正』が出来ない場合があります。

 乳歯の虫歯が永久歯に影響することもありますので、乳歯だからといって治療しないままでおくのはよくありません。

しっかり噛む食事をこころがけ、顎の発達を促しましょう。

 顎が小さいと歯がキレイに並ばなく、矯正治療が必要になる場合があります。

 頬杖、口呼吸、4歳ごろをすぎても続く指しゃぶりも歯並びに影響がありますので、改善しましょう。

 本人は無意識でしていることがほとんどなので、我が家では見かけたら

 『口開いてるで~ 😯 』『顎に手おいたら顎ずれるで~ 😯 』と声かけを必ずしてます。

 それとキシリトールガムを常備して、おやつがわりに食べています。

 

サイトウ歯科クリニックおとなこども院では、患者様の健康を一緒に守っていければと思います。

instagramも是非チェックしてくださいね♪♪

↓↓↓(クリックしていただければinsutagramに飛びます(^^♪)

 

https://www.instagram.com/saitou_dental/;