MENU

ブログ

Blog

喫煙と歯周病

喫煙は身体に悪いのは皆さんご存じだと思います。

歯にはどうでしょう??

ヤニがついて、歯が黒くなる位かな??

いえいえ。実は歯周病悪化の大きな原因になるんです 😯 😯 😯

喫煙されている方の歯肉は、煙の熱やニコチンなどの化学的な刺激で歯肉が肥大して厚くなり、出血しにくくなります。

その為、歯周病の自覚症状が表れにくく進行も早いため、気付いた時にはかなり進んでしまっているケースが多いです 😥 😥 😥

一番は禁煙する事ですが、タバコには依存性があるため中々難しいです。。。

かといって放っておくとどんどんお口の状態が悪くなってしまいますので、まずは毎日のブラッシングでお口の中を清潔にしましょう。

歯科医院で定期検診を受け、プロによる口腔内の清掃や指導、噛み合わせや被せ物などお口の環境を整えて少しでも歯周病悪化しないようにしていただけたらと思います。

 

サイトウ歯科クリニックおとなこども院では、患者様の健康を一緒に守っていければと思います。

instagramも是非チェックしてくださいね♪♪

↓↓↓(クリックしていただければinsutagramに飛びます(^^♪)

 

https://www.instagram.com/saitou_dental/;